千葉の葬儀で知っておくべきこと

千葉で葬儀をするとなった時には、その地域ごとにある習慣やしきたりなどを知っておくべきでしょう。

古い習慣などは段々と簡素化されたり、葬儀も合理的になってきていることもあり、必ずしもやらなくてはならないということではありませんが、親戚などの意見も聞いておくと後々トラブルの心配がないでしょう。

千葉でも、柏や松戸、習志野や市川など住んでいる人も若い世代になったり、都市化が進んでいる地域というのはもう東京などで行われるごくごく一般的な葬儀になりつつあります。

しかし、鴨川や館山などの海に面した房総地域では、まだ昔ながらの葬儀をするとされている地域もあります。

千葉の古くから伝わる習慣やしきたりにはどの様なことがあるのでしょうか?

千葉では通夜式の前や翌朝に火葬をする前火葬や、通夜式から葬儀式までの間、寝ずに番をする夜伽、80歳を越える長寿の方の葬儀では長寿銭を配るなどの幾つかの習慣があります。

また、葬儀において葬儀社に依頼するだけではなく葬式組といって地域の人にお手伝いを依頼するというしきたりがあります。

若い世代の人はこういった習慣を省きたいと考える人もいると思いますが、周りがそうさせてくれずトラブルになるということもあるので、信頼できる人に相談するなど事前に確認するといいでしょう。

千葉の葬儀では、地域に古くから伝わる習慣やしきたりが残っているところもあるので、どの様にすれば良いかを事前に確認しておきましょう。